そして風邪

定期的に風邪を引くのは仕方がないのですが、今回は妹のまいちゃんが風邪を引き、それがあっくんにうつった形です。喉が痛いっぽい。

ただ、今ならまだ来月の宿泊学習までには治ってくれるはず。悪化したりぶり返したりしないよう、経過を見ようと思います。

絵を描く

あっくんはほぼ毎日のように液晶タブレットを使ってお絵かきをしています。ただ、描くのはほとんどが数字で、絵を描くことはまれ。動物も人も風景も、ほとんど描くことはありません。

そんな中、最近たまに描くのがこれ。どうやらあるゲーム画面を描いているようです。ピザを作るゲームかなぁ。

画面を見てそのまま描いているだけだし、そもそもこれを描いて何が面白いのかサッパリわからなかったりもするのですが(笑)、本人はとても楽しそう。画面に数字が出るのがいいのかな。

ともあれ、偏りがあっても人に理解されなくても、本人が楽しく遊べるならそれが一番です。これからもどんどん描いていって欲しいです。

宿泊研修に向けて

来月、あっくんの通う学校で、初の「宿泊研修」が行われます。市の施設にクラスメイトや先生と一泊するのです。

我が家は基本的にインドアで、あまり外に出かけません。出る時は妻の実家に帰って一泊とかそれくらい。家族みんなでの旅行とかは…ここ5年以上していないと思います。
そんな中急に、知らない場所に一泊。しかもパパもママもいない…となると、かなり嫌がるんじゃ無いかなぁ、と想像出来ます。ただ「来月は宿泊研修だよ」と伝えても、いまいちわかっていない様子なので非常にもどかしいです。

今日も事前の説明会ということで学校に行って来たのですが、あっくんは「自分とは関わりのないこと」と思っているっぽい。キミだよ!キミが一泊するんだよ!

当日、パニックを起こしたり脱走したりしないように、今からなるべくわかりやすい形で本人に伝えていけたらな、と思っています。

結婚十周年

本日、結婚記念日でした。いつの間にか十周年。あっという間です。
正直、結婚してすぐの頃は今の自分を全く想像出来ませんでした。子どもが出来ることは想像していたけれど「息子が発達障害」というのは本当に想像だにしていなかったのです。

ただ、それで不幸になったかと言えば全くそんなことはありません。妻もそれは大きく変わらないようで助かっています。どちらか片方でも障害者に偏見があったり思い悩むタイプだったりすると家庭全体が大変になりかねないと思うのですが、我が家はそういうのとは無縁です。おかげでこの十年、楽しかった。それは間違いありません。

これから先の十年も、二十年も、出来れば三十年先もずっと、そうありたいです。

プールに行く

Waterlogueで加工


あっくんの目もすっかり治ったので、近所のプールに行って来ました。
はじめて浮き輪を渡してみたけど、結構楽しそうに遊んでいました。良かった。

毎年来る場所なのですが、少しずつ出来ることが増えているのを実感出来て嬉しいです。

夏の終わりに良い思い出が出来ました。

ウィルス性結膜炎

数日前、あっくんの目が酷く腫れました。病院に連れて行ったところ診断は「ウィルス性の結膜炎」とのこと。何かしらのアレルゲンに反応し、かゆくてかきむしったため悪化した模様。

処方された目薬は、最初のうちはかなり嫌がっていましたが「別に痛いものでは無い」「むしろかゆみが治まる」ということを理解してからは素直にさしてくれるようになりました。やっぱり理解してくれればどうにかなるな。

まだ少し腫れていますが、このままいけば無事に直りそうです。
とりあえずアレルゲンが何かはわかりませんが、せめて家の中を綺麗に保ちたいと思います。

誕生日は相変わらず苦手

数日前、妻の誕生日でした。

が、相変わらずあっくんは誕生日が苦手。何がいやなのかはわかりませんが「まま、誕生日だよ」というと「誕生日しない!いらない!」とか言います。いらないとか言われても。

他人の誕生日もそうですし本人の誕生日もそう。おかげでここ数年ゆっくり平和に誕生日らしい日を過ごしたことがありません。

それでもまぁ、数を重ねることで無理矢理慣れさせていこうと思います。自閉症はなんてことの無いものに「恐怖」を感じる場合がありますが、それが「怖くない」と理解出来ればすんなり受け入れてくれたりもしますので。

次は12月の僕の誕生日かな。その時は無理矢理祝ってもらおうと思います。

フィジェットスピナー

フィジェットスピナー。日本では一般にハンドスピナーと呼ばれているおもちゃがあります。ストレス解消用の「ただ廻すだけ」のおもちゃです。
ただこれ「ADHDのカウンセリングに有用である」という報道もあるようで、少なからず多動のある息子にも良いのでは無いか、と思っていました。

最近家族で玩具店に立ち寄った時、あっくんが「フィジェットスピナー!」といって指さしました。僕は知らなかったのですがハンドスピナーの海外名がフィジェットスピナーで、あっくんはYouTube動画で既にその存在を知っていたようなのです。

そんなに高い物でも無いので、その場で購入。あっくんは手で持って廻すよりも床に固定して廻すのが好きな模様。

……ただ、これで多動がどうにかなっているようにはとても思えません(笑)。こりゃただのおもちゃかなぁ。

でも本人は楽しそうに遊んでいるので良しとします。

床暖房工事

コストの面や安全面等を考えてリビングを床暖房にしました。

実は我が家、冬が異常に寒い。家の東側は一段高くなっており一階に陽が当たりません。かといって西側には他の家がありその影のせいで太陽の光が届かない。そのせいで室外機が冷え切って数時間エアコンが使用不能になることもしばしばでした。

そのせいで息子も娘も日中のほとんどを二階で過ごしており、リビングがまったく活用出来ていなかったわけですが…今回床暖房にすることでそれも解消出来るのでは無いかと踏んでいます。

あっくん一人なら何とかなってきた我が家も、娘が産まれることで色々と考え直さなければいけない点が増えてきました。
主に子ども達が快適に過ごせるよう、色々と整備していこうと思います。