キッズスペース年齢制限

最近暑いです。外で遊んでると熱中症とかが怖いため、今週末は近所のキッズスペースに遊びに行きました。
ボーネルンドのキドキドなど、室内遊園地は多数あり、あっくんも大好き。それこそ赤ちゃんの頃から楽しく遊んできました。

ただ、この室内遊園地、ほとんどのところで年齢制限が設けられているんですよね。小学生…12歳までのところが多くて、場所によっては「中学生から19歳までは保護者がいても入場禁止」と言うところもあります。確かに体が大きい子が沢山いては小さな子が遊べませんからね。それは仕方がないのかも知れません。

現在あっくんは10歳。まだあと2年ほどは猶予がありますが、程なくして制限に引っかかり入場不可能になります。妹のまいちゃんがまだ2歳ですので、場所によっては「付き添い」というような形で入場を許してもらえる場所もありますが、全てでは無いわけで。どうしても「今日からここには入れないよ」と伝えなければいけない日が来てしまいます。…どう考えてもぐずるであろう姿が容易に想像出来ます(苦笑)。

それまでの間に、制限の緩いスペースを探したり、制限のない屋外の遊び場を探したり、あるいはそもそも体を動かさないインドアな趣味を見つけてもらったりと、色々考えておこうと思います。

あっくんはそれほどでも無いのですが、自閉症の子って「急な環境変化」は得意じゃないですからね。ゆるゆると「大人」っぽい行動に慣れていってもらえるようサポートをしていきたいです。……大人。大人か。なんだか子どもの成長って早いですねぇ。

アレクサとの交流

我が家にはAmazonのEcho Dotがあります。いわゆるスマートスピーカーというヤツで「アレクサ!」と呼びかけたあとに「明日の天気は?」とか「今日のニュースは?」とか聞くと答えてくれる、というシロモノです。
このEcho Dot、導入当初はやたらとあっくんが警戒しておりました。「アレクサいらない!」「やらない!」と大騒ぎ。気付くとEcho Dotの電源ケーブルが抜けていることもありました。
まぁ、確かに気持ちはわからないこともありません。呼びかけると、どこにいるかもわからない女性が返事をする、というSFチックな状況。自閉症児にとってはわけがわからなくて当然で、不安に感じたのでしょう。

ただ、ある日を境にあっくんは自分から「アレクサ!今何時?」とか聞くようになりました。どうやら「特に危ないものでは無い」「定型的な文章に答えてくれるデバイスである」ということを理解した様子。特に「定型的な文章」なんかは、むしろあっくんの大好物。それに気付いて以降は今までの拒絶がウソのように、頻繁にアレクサに話しかけるようになりました。
一時は「Echo Dot買ったのは失敗だったかな」と思ったりもしたのですが、今は「聞き取りづらい発音だとアレクサが反応しない」と言うことにも気付いたようで、ちょっと言葉が聞き取りやすくなったりなんだり、良い効果も生まれています。
スマートスピーカー、意外と自閉症児にもお勧めです。

あっくん10歳4ヶ月

オープンスクール

あっくんの学校でオープンスクールが開催されました。保護者も行って良いし、障害児教育に関わるような学生や教員なども来ていたようです。

僕と妻は、うっかりゆっくりしすぎてしまい、ほとんどギリギリに到着したのですが、それでもカルタに興じるあっくんを見ることが出来ました。……あっくんもの凄くつまらなさそうでしたけどね。アルファベットもアラビア文字も大好きなのになんでひらがな、カタカナに興味がないんだろう……?この辺、本当に不思議です。

その他、避難訓練的な「地震が起こったら机の下に隠れる」ようなこともしっかりこなし、この日はオシマイ。普段とちょっと違っても特に気にしないのがあっくんの良いところ。このままおおらかに育ってもらいたいところです。

あっくん風邪を引く

週の頭あたりから咳が出始めて具合悪そうだったため学校はお休み。金曜日くらいには回復してきたので学校に行かせようとしたところ、咳をして「のどいたい」と言うため、やっぱりお休みに。
そして日曜日。「明日は学校だよ」というと、「ゴホゴホ!」とあからさまにわざとらしく咳き込み、ノドを指さしつつ「かぜ!がっこうおやすみ!」とか言ってる。これはもしかして………仮病?最初は確かに風邪だったのですが、後半は学校に行きたくないがためにわざと体調悪く見せていたっぽいです。
なんというか、ちょっと前なら考えられなかった小ずるさ。本来なら怒るべき所なのだと思いますが、あまりにもわかりやすい態度だったため、ちょっと笑ってしまいました。

ただそれとは別に、学校に行きたがらないと言うのは気になります。ただ単に家で遊んでいたい、ということであれば良いのですが、別の理由で行きたくない…とかだとややこしいなぁ。とりあえずしばらく様子を見たいと思います。

今度はスペイン語

アラビア語に続き今度はスペイン語にも興味を持ったらしく、せがまれて下記のアプリをインストールしました。あっくんはどこに向かっているんだろう…。

Endless Spanish
教育, パズル, ファミリー, ゲーム無料iOSユニバーサル
こちらはお試しの無料版です。


Endless Spanish: School Ed.
教育, パズル, ファミリー, ゲーム¥1,400iOSユニバーサル
こちらは全部遊べる有料版。せっかくなのであっくんにはこちらを買ってあげました。

ROBLOX

ROBLOXというゲームがあります。いや、正確にはオンラインゲームのプラットフォームがあります。
簡単に言うと、ユーザーがキャラクターを作成した後、自分でワールドを作ったり、人が作ったワールドに遊びに行ったりするような、そんなゲームです。

一見Minecraftのように見えますが、Minecraftより自由度が高く、それこそワールドごとに別ゲームのような物も作れます。「ボールになって落ちないようにゴールまで進む」「ピザ屋の店員になってピザを焼いたり売ったりする」等々、沢山の遊び方が出来ます。

言語に日本語が無いため日本での知名度はほとんどありませんが、パソコンでもタブレットでも普通に遊ぶことは出来ます。あっくんは昔からこのROBLOXが大好きでした。…そう、「でした」です。

何故か先日「ロブロックス、消す!」と、泣きそうな声で訴えかけてくるあっくん。とにかくiPadに入っているアプリも、パソコン版のアプリも、全部消して欲しいようです。それどころかApp Storeに置いてある物まで消せという。さすがにそれは無理だと言っても聞き入れてもらえず、ずっとぐずっていました。

「どうして?昨日まで大好きだったでしょ?」「イーサン(あっくんが大好きな海外の少年ユーチューバー)もロブロックス好きだよ?イーサンも嫌いになっちゃったの?」等など、色々聞いても全くダメ。「消す!」「いらない!」と。結局折れて、全て消せる物は消しました。

それでもROBLOXは、アカウントがある限り再ログインすればいつでもデータを復旧出来るので問題ないと言えば無いのですが、なんだか釈然としません。こういう時、コミュニケーションが苦手な自閉症はやっかいだな、と感じます。

少し時間を置いて落ち着いたら、また色々と聞いてみようと思います。

あっくん10歳3ヶ月

アラビア文字

なぜかあっくん、YouTubeを参考にアラビア文字を書いてます。パパは読めません。
この子、片仮名はロクに書けないのですが、アルファベットは完璧に書けるしパソコンのキーボードも打てる。そして今度はアラビア文字を覚えはじめましたよ。ある意味非常に自閉症っぽいですね。

無理矢理お出かけ

最近仕事が忙しく全く休めておりません。

そんな中今日は久しぶりの休み。ゆっくりと昼過ぎまで寝ていたら、あっくんが「おでかけする!」と。急遽出かけることになりました。
普段は「昼前から出かけて到着後にお昼を食べて楽器店でメトロノームを物色し、キッズスペースで遊んでから晩ご飯の買い物をして帰宅」というスケジュールなのですが、今回は「到着後、楽器店でメトロノームを物色し、キッズスペースで遊んでからその場で晩飯」ということにしました。

出かける時はかなりバタバタだったし僕の体もガタガタだったのですが、着いてみれば子ども達も楽しそうだし晩飯も作る必要も無く妻もちょっと楽出来ました。

意外とこんなのも良いかもしれない、と思った日曜日でした。

運動会

毎年恒例。あっくんの学校で運動会が行われました。

しかし!今年は残念ながら午前中に仕事があり参加不可能。かわりに弟に写真撮影などをお願いしました。ありがとう弟よ…。

話によると、基本的にいつもと同じで進んでいたようです。あっくんも多少まわりに気を取られながらもしっかりと徒競走などをこなしていたとのこと。

僕の仕事はお昼で終わったため、急いで学校まで移動。ギリギリ午後最後の競技に参加することが出来ました。良かった。(あっくんはたいしてその競技に興味は無さそうだったけど)

ケガも無く無事終了。途中から「帰る帰る」うるさかったですが、なんとか最後まで参加することが出来ました。五年生。この学校で五回目の運動会。なんだかあっという間だなぁ。

Waterlogueで加工

夏先取り

ゴールデンウィーク後半。ふなばしアンデルセン公園まで行ってきました!

この日はかなり暑かったため、プールで遊ぶ子ども達がたくさん。あっくんも出かける前から泳ぐ気満々だったため、水着の準備をした上で出かけたのでバッチリ。

……と思いきや、着いてみるともう完全に夏。「ちょっと足をつけるくらいだろう」と考えていたのですが、他の子ども達は浮き輪など、完全装備でした。これならあっくんにも持ってきてあげれば良かった。

Waterlogueで加工


ただ、プールで遊ぶのもそこそこに、後半はアスレチックに移動。多少ズルをしましたが、コースを全部クリアしました。あっくんやるなぁ。

ちょっとした擦り傷や打撲程度はありましたが、おおむね問題なく帰宅。
今年のゴールデンウィークもそこそこ良いカンジに過ごせたんじゃないかな、と思います。

あっくん10歳2ヶ月