イラスト&マンガブログ。毎週日曜日頃更新です。(2021/08/29)

AirTag紛失

先日購入したAirTagのうちの一つを紛失しました。

そもそも紛失防止のためのデバイスのはずなのになぜそれが無くなったのかを書いておこうと思います。

無くしたAirTagは財布につけていた物。財布は無事で、AirTagのみ道に落とすというよくわからないことをしでかしてしまいました。
その後、無くしたことに気付いた僕はiPhoneで場所を確認。大まかな位置はわかるので、そこに向かってみることに。しかしどうやら誰かに拾われたようで、AirTagは屋内にあることになっています。

訪問して問い合わせをしようにも、時間ごとにその位置が変わる。AirTagはGPSを搭載しているわけでは無いため、その情報は近くにあるiPhoneなどに依存します。そのため訪問を断念。さすがに全然関係ない人に「AirTag拾いました?」とか聞けない。

AirTagは、登録iPhoneとの通信が途切れてしばらくすると、音を発生し始めるようです。ただ、今回に関して言えば、拾った人は音が鳴り始めたタイミングでAirTagを廃棄した模様。その証拠として最後にAirTagの電波を確認したのはゴミ収集場でした。

最新のiPhoneであれば、もっと正確な位置がわかったとは思うのですが、それにしたって「拾った物を警察にも届けない不届きな人」と対面しなければいけなくなります。正直それも避けたい。

結果、AirTagはあくまで「屋内から動かさない物限定」で使用する他ないかなぁ、と思いました。正直これを子どもにつけてGPS代わりに……とかはやっぱり無理。

そんなわけで「子どもがいる場所把握デバイス」としてのAirTagの使用は断念したものの、実際の紛失防止タグとして使うにしてもちょっと使い勝手が悪いようにも思います。……拾われた時点で警察に通報するとかした方が良いんでしょうかね。でも、それも物騒かなぁ。

結局子どもに関しては「子どもから目を離さない」というのが一番なんでしょうか。でも、今後も迷子とかは絶対ありそう。やっぱりApple Watchや子ども用の見守りGPSデバイスなどの購入を検討しようと思います。

コメントを残す